keiz-style

銀行員の休憩場所

銀行就職3年目

   

ふと大学のときにブログを作ったことを思い出し、なんとかログインでき記事を3年ぶりぐらいに書いております。

この2年最初の配属が岡山、そして今年2月から大阪と、銀行員らしく転勤が多い生活をしております。

大学時代、作曲にのめり込み、健康のためトライアスロンを初めて大会に出たりと割と1人で活動する機会がおおかったなと今思えばそう感じます。(友達がいなかったからではない笑)

それが良かったのか、悪かったのか、今現在銀行員という超おかたい仕事について、役に立つことをあれば仕事に疑問を持ちながらなんとか続けて仕事をしております。

2年間働いてきて銀行の変わっているところを書いていこうと思います。

とにかくリスクを恐れる

銀行というお金を貸すということから当然でありますが、ものすごく何事にも細かいですし、証明する書類がなければ認めてくれません。

これはこうなので大丈夫です。といっても会社は認めてくれません。とにかくエビデンスが必要なのです。なんでそこまで必要なのというぐらいエビデンスを求められます。

つまりは基本的に疑いの目を持って見ているということです。この感覚はなかなかなれませんね。

常に調べられている

コレも金融である以上仕方がないのかもしれませんが、常に監視されています。これが嫌で退職する方はかなり多いです。

銀行員の中で最も恐ろしいのが内部監査です。(コレは銀行によって多少違うかもしれません。)

なにかミスをしたときに言われる言葉ナンバーワンが

「これ今監査きたら一発アウトやぞ。」

それぐらい監査にみんな怯えているのです。この監査によって支店の点数が大きく決まるのです。例えば営業成績がトップの支店で、なにか重大なミスが監査によって見つかったとしましょう。そうなるとこの営業成績がトップの支店は表彰の対象外になってしまうのです。それぐらいこの監査をうまく切り抜けることが大事なのです。

なので定期的に抜き打ちで机の中をすべてチェックされたり、カバンの中身をチェックされたり、ボディーチェックをされたりするのです。

とにかく数字!

事務面が大変と書きましたがコレと並行して営業数字ももちろん大事です。

基本的に事務ができるやつが営業もできるという考えでそういう方が出世していきす。

毎週営業会議がありそこで数字ができてない方は、全員からなぜできないかと詰められます。

とにかく数字を取らなければだめなのです。

悲しいですがどんなことをしても数字を取らなければ行けないのです。

ここに限って言えばほぼ個人プレーですので、できなければ個人の問題として相当怒られます。

また商品ごとに目標がつけられているのでどれか1つ極めてできればいいというわけでもありません。融資はクリアしても、投資信託が販売できてなければ良い評価はもらえないのです。

すべてがオールマイティーにできて初めて評価されるのです。

 

 

社長と話す機会も多く、個人としての成長を感じることはできるので、銀行に就職することに反対ではありませんが、将来性という観点では、やはり働いて思いますが、統廃合によっていずれは自分が入行した銀行が消えてしまうことは予想できます。

そうゆう観点で銀行で金融の知識をいち早く見つけてその間に自分の本当にやりたいことを見つけていくのが大事かなと思います。

 - 個人的なこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 といいますも更新さぼっていました笑 人間やっぱ …

no image
謎の痛み

昨日の朝からなぜか、歩くと足の裏が痛くて、今日家から出る事ができず、買い物に行け …

ご飯と味噌汁

昨日、の晩御飯で味噌汁を作りすぎたので今日の、朝ごはんはご飯と味噌汁です いつも …

今日は朝ばあちゃんの家に行って、剥がれたトタンの修理をしに行ったのですが天気が雨 …

明日からちゃんと更新します

今日までテストがあって更新できませんでした。 明日からは毎日更新していくのでよろ …

今日の勉強

今日はレポート課題の本を読んでいました。難しくて理解するのが大変です。 つくづく …

no image
授業が今日で終了しました

今日で大学の講義が終了しました。やっぱり大学は高校の時に比べると授業数も少ないの …

no image
amazon student

昨日、授業の課題図書をAmazonで買ったのですが、速達で届いて僕がAmazon …

no image
ここ二日間 新企画

ここ二日間で自分に対して戒めのようなことがおきまたそのあと、信じられないような不 …

no image
宿題

今日は大学のレポートの課題図書を読んでいました。新書など普段全く読まないので、難 …