keiz-style

銀行員の休憩場所

NAMM Show2015 ハードシンセ

   

今日は音楽ネタです。

今月の1月22日(木)から25日(日)に世界最大の楽器展示会NAMM Showがアメリカで開催されます。この展示会では1年の楽器展示回のなかで飛び抜けて新製品の発表が多いです。なので新製品の噂などで現在大変盛り上がっております。

今回のNAMM Show個人的に発表して欲しいのが弾き心地ちの良いMIDIキーボードもしくは、リーズナブルな価格で鍵盤にアフタータッチがついたアナログモデリングシンセですね。

僕は今現在曲を作るときは鍵盤を持っていないので全部トラックパッドで打ち込みをしていて全部ソフトシンセ、ソフトプラグインです。だんだんトラックパッドで打ち込むのに慣れてきたのですが、これだとめちゃくちゃ肩がこるのと、コードを鳴らしたりするのにトラックパッドだけだと時間がかかってしまうので、今回のNAMM Showでいい感じのがでたら買いたいと思っております。

かずある噂の中で僕が今一番注目しているのが浅倉大介さんのツイッターに載せられていたrolandの新製品らしきシンセサイザーroland jd-xi?です。

ここ最近roland社は過去の名機のアナログ回路をモデリングしたシンセやリズムマシーン「AIRAシリーズ」を出しているので今回の噂の新製品も同じシリーズだとしたら、過去のどのシンセをモデリングしたのか気になります。(個人的にはv synthをモデリングしてほしい!)

僕は、ソフトシンセのみで現在作曲しているのでまだハードシンセについてはあまり詳しくありませんが、ここ最近は往年の名機の復刻ラッシュなので、とてもハードシンセには興味がわきます。

ドラム・マシンも同じで僕はrolandのTR808の音色が好きでlogic proのEXS24というサンプラーに入っているTR808の音色をよく使うのですが、今ですとAIRAシリーズのTR8の808とサンプラーの808がどう違うかなどとても気になります。が今現在ソフトシンセ、サンプラーが多くある中でハードシンセに求められているのは完全に個人的な主観ですが所有欲を満たしてくれるかどうか、なのではないかと思っております。例えばMacbookをスタバに持ち込んで仕事する方を例に取ると、実際やることは別のパソコンでもできるが、なぜMacbookを使うのかというと、仕事や何かつくろうとするモチベーションがあがるからMacをつかっている。これとアナログ・シンセを使う理由は厳密には違うと思いますが似ているのではないのでしょうか?

なので僕個人としては、部屋においてかっこよくて所有欲を満たしてくれるそんなシンセを作ってもらいたいと思います。(無論、音が素晴らしく良いのが前提ですが)もしくはソフトシンセではできないような革新的なハードシンセがでたらいいなと、期待しています。

 

 

 

 - 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 といいますも更新さぼっていました笑 人間やっぱ …

no image
作曲

今学校の課題が終わって8日に公開できるように急ピッチで作曲しております。 だいぶ …

来月の新曲

来月、新しい曲を出せるように作っています。 日にちですが、毎月8日にサウンドクラ …

remix beatport play

今日なんとなくbeatportのサイトを見ていてbeatport playという …

新曲をsoundcloudにアップロードしました!

今日はロードバイクでちょっとだけ遠出しました。 たぶん50キロぐらい走ったのです …

DTM買うべきアイテム5選

  ultra japanも3年目 それと同時にこんな曲を作ってみたい …

雨の日の通学 泥除け

最近雨降りすぎじゃないですか? 今年まともに桜を見ることなくちってしまいましたね …

NAMM2015 オーディオインターフェイス

namm show 1日目で多くの新製品が発表されましたが、今回は個人的に気にな …

namm2015

namm2015も終わり今年の楽器の新製品が出揃いましたね。今回はroland, …

スピーカーの電源

ここ数日スピーカーからノイズがなっていたのでオーディオインターフェイスが壊れたの …